旧安田庭園に行ってみた


  都会のオアシス・旧安田庭園  

 この場所は、江戸時代、常陸笠間藩(のちの丹後宮津藩)の本庄氏の屋敷でした。
旧安田庭園

旧安田庭園


 元禄4年。
 本庄宗資が大名庭園として築造したと伝えられています。
 安政年間には、隅田川の水を引き、干満の差を取り入れた 潮入り池泉回遊式庭園 へと生まれ変わりました。
心字池

心字池


 明治には、旧岡山藩主であった池田章政の邸宅となり、同24年に、安田財閥の創始者・安田善次郎の所有となりました。
続きを読む

 

震災の日に。


  東日本大震災から1年  

 不安と悲しさでいっぱいだった1年前。
 あの日から、悲愴感に押しつぶされそうになりながらも、震災を乗り越えてきた被災地の人々に、心からのお見舞いを申し上げます。
 
 今日までの間でたくさんのことに気付かされました。

 日本中・世界中の支援の動きに感動の涙を流したり、
 現代人の消費して行くエネルギーについて考えさせられたり、
 地域社会の結びつきの大切さを再認識したり。

 震災を忘れないために、今日は東京都慰霊堂に行ってきました。
震災記念堂

東京都慰霊堂・震災記念堂


続きを読む

 

両国橋の場所、今と昔。


 両国橋は現在の橋より50mほど、南側に架けられていたそうです。
 当時は両国橋があたかも回向院の参道かのように、真正面を走る道となっていたといいますo(゚∀゚)o
 当時の橋が架けられていた場所当時の正門の場所には、高札が掲げられ、歴史を今に伝えています!

 これが当時、橋が架けられていた場所にある高札です( ・ω・)ノ 続きを読む

 

旧跡両国広小路の石碑に行ってきた!


  両国橋の西側にひっそりと  

 前回両国橋の歴史を調べて、両国という地名はもともと両国橋より中央区側だったということを知りました。
 今では東日本橋という地名となり、両国の名前を関したものは両国郵便局とこの旧跡両国広小路跡を残すのみとなっている、ようです。(他にもあるかもしれないので探してみようかな) 続きを読む